かずやんぐ、ブログ始めるってよ。

初めまして

 初めまして、かずやんぐです。ガラケー終了でスマホに代わり、一念発起しブログを開設しました。趣味のアウトドア、酒と肴と博打と読書etcや日々の暮らしをゆる~く綴って参ります。

タイトルについて

 タイトルにつけた『どんだんず』は、津軽弁で、なんなの?どういうこと?といった意味の疑問形や、どういうこと!なんなのよ!といった怒った時、呆れた時に使う言葉です。青森県で働いていた時、言葉が分からなく困っていた私にジモティの先輩から「面白いラジオがあって、南部の人達も聞いてるからソフトな津軽弁だし、聞いてみたら」と進められ、聞いたラジオ『週刊どんだんず』(うろ覚え、番組のコーナーだったかも…)を耳にし、その面白さに衝撃を受けました。話の落ちが『どんだんず』で締めるリスナーからの投稿を紹介する番組で、DJの方の話口も面白く、なんか嵌ってしまって聞いているうちに徐々に津軽弁のヒアリングも出来るようになったのを思い出します。
 高卒で訓練期間を終え初任地、言葉分かんない、もうやだな~転勤したいよ~と成りかけていた私にとって『どんだんず』という言葉は印象深く、青森を離れてからもつい口ずさむものとなり、ブログのタイトルとしました。
 ちなみに青森を離れて15年以上になりますが、まだ覚えている話もあるので参考までに、俺的週刊どんだんずベストスリーを紹介しますね。本も持ってたけど津波で流されてしまって…私の記憶なので、概ねこんな話ということで(ネイティブじゃないので少しおかしく覚えてるかも)

 1.国語のテスト

 『あたかも』という言葉を使って例文を作りなさいという問題に、けやぐ(友達)は、「なんで間違ってたんだべ」って言ってだんず。けやぐの答案用紙みだら「机の上に消しゴムがあたかも知れない」って書いてました。どんだんず~

 2.下ネタ?

 とっちゃ(父)が「いぐ!」って、かっちゃ(母)も「わもいぐ!」って捨てられると思って泣きながら「わっとも連れてってけろ」って言って部屋さ入っていったきゃ南部鉄器とんできたじゃ。どんだんず~

 3.ディスコ

 ねっちゃ(姉)がディスコに行くって、したら、ばっちゃ(祖母)が「わも乗せってでけろ」って、ばっちゃ、ジャスコだと思ってだって。どんだんず

最後に

 思えば、小学生の時に『アンネの日記』に感動し日記を付けようと思い立つも続かず、中学生の時は鴨長明に憧れ日記帳を買ってみるも何も書かず、高校生になり、『枕草子』いいねぇな乗りで書き始めたが部活で余裕なく直ぐやめ。唯一続いた日記といえば、自衛官の時の就学日誌くらいの自分でありますが、誰かが読んでくれるかもを支えに、続けていければと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です